御言葉メール875

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール875

2017年3月18日(記:斉藤文子)

「あなたがたはバビロンの王のくびきに首を差し出し、彼とその民に仕えて生きよ。どうして、あなたとあなたの民は、バビロンの王に仕えない国について主が語られたように、剣とききんと疫病で死んでよかろうか。」(エレミヤ27の12,13)

-人間は、今という時の一瞬しかわかりません。だから、今、自分の求めていることのために神に祈り、自分の願いが成ることを期待する。しかし神は、私達の人生の全てをご存知で、今の時を与えてくださっている。

状況がどんなに辛かったとしても、それは災いではなく、平安を与えるものであり、将来と希望を与えるためのものだ、と神は言われるのです。エレミヤは、バビロンとの戦いで、戦争に負けて敵国に連れていかれる時、そこでバビロンの王に仕えて生きよ、というのです。全能の神を信じる王国にとって、これほど屈辱的なことがあるでしょうか。

私なら、こんな事にならないために、神を信じてきたのではないか、と思ってしまうところです。しかしそれは、自分がどれほど身勝手で悲惨な状態にいるかを全く知らない者の思いです。私がそう思ってしまう時には、神だからこそ崇める、という思いから程遠く、神を自分の僕にしている姿です。バビロン捕囚が神だけを崇める民族へとユダヤを変えた様に、私達の「こんなはずではない」という事態が、平安と将来と希望を与えるものである、と神は約束しておられます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール875関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール892
御言葉メール892 2017年7月15日(記:辻嵐桂子) 先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モー […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]