金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール881

投稿日:

御言葉メール881

2017年4月29日(記:斉藤文子)

「わたしは、彼らがわたしに犯したすべての咎から彼らをきよめ、彼らがわたしに犯し、わたしにそむいたすべての咎を赦す。」エレミヤ33の8-神に造られた被造物である私たち人間。その神に背くことで生きる目標を失い、自分の欲望を神としてしか生きられなくなった人間。

イスラエルが神ならぬ偶像から離れなかったために、バビロン捕囚という裁きが下った様に、私たちも天の父である神を無視して生きる者である限り、神の裁きを受けなければならない存在です。しかし、哀れみ深い神があの捕囚からイスラエルを解放された様に、私たちが受けなければならない裁きを、私たちの代わりに他の方に負わせられた。

私たち人間の身代わりになられた、神であるイエスキリストです。十字架でキリストが処刑された時、私たちの罪も処罰されてしまいました。バビロン捕囚の後に神の祝福が待っていたように、神を無視する人間の罪がキリストと共に罰せられた時、私たちは罪があるにもかかわらず、罪赦された者となりました。罪を持ちながらも、キリストを通して私達をみてくださる神によって、全く義しく聖い者とみなしてくださった。人間が本来受けるべき裁きは、余すところ無くキリストが受けてくださった。これらの全てを計画し実行されたお方が神と呼ばれる方です。人が思いつきもしない、考えつくことさえできない自己犠牲の究極が、神の愛です。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.