金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール890

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール890

2017年7月2日(記:辻嵐桂子)

「その人はささげ物の頭に手を置く。それは会見の天幕の入口の所でほふられる。そして、祭司であるアロンの子らは祭壇の回りにその血を注ぎかけなさい。」(レビ記3章2節)

全焼のいけにえ(1章)、穀物のささげもの(2章)に続き、3章では和解のいけにえについて語られる。
和解のいけにえは、牛、羊、山羊いずれも傷のない雄か雌で、礼拝者はささげ物の頭に手を置き、天幕の入口でこれをほふる。
祭司はいけにえの血を祭壇の回りに注ぎかけ、脂肪、腎臓、小葉を全焼のいけにえと共に祭壇で焼いて煙にする。
肉は後で、礼拝者たちによって食された(7章15-21節参照)。これは、礼拝者が食すことの出来る唯一のささげ物であった。その意味するところは祝宴、すなわち神との交わりである。

祭司が動物の血を絞り出す様をリアルに想像する。礼拝毎にこのようなことが行われ、時にそれはおびただしい数であったという。

魚を捌くのさえ苦手な私は、このような礼拝様式が今日廃絶されていることに、安堵を覚える。
しかし、礼拝がお手軽になったとか、そういうことではない。
そうではなく、イエス・キリストの十字架の死は、あらゆる犠牲を凌駕し、私たちの完全な贖いとなったのである。

覚えるべきことは、私たちが、神と和解しなければ、神と交わることができない存在であったということである。
神との和解のために、どれほどのものが必要であったか、それを神がどのようにして解決してくださったか、罪というものの重大さと神の愛を、改めて考えさせられたところである。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.