御言葉メール892

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール892

2017年7月15日(記:辻嵐桂子)

先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モーセは律法の中で、こういう女は石打ちにするように命じています。あなたは何と言われますか。(ヨハネの福音書8章4-5節)

律法学者たちがこの女をイエスのもとに連れて来たのは、イエスを試し告発する理由を得るためであった(6節)。
もし石打ちにせよと言えば、これまで説いてきた神の愛に反するし、また、ユダヤを支配するローマに無断で死刑を執行するとなれば、反逆者と見なされかねない。
もし赦せと言えば、律法に違反したとたちどころに糾弾される。

だがイエスは黙っておられた。
執拗に問い続ける律法学者たちに、イエスがやっと答えられたのは、あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。のひとことであった。

これを聞くと、年長者からひとりひとりその場を立ち去ったとあるが、私自身もこの御言葉に刺され、居たたまれない思いになる。
なぜなら、他人の過ちや欠点をさばくとき、自分のうちにも罪があり、欠点があることを
忘れてしまっているからである。

彼女を訴える者が誰もいなくなり、最後にイエスご自身が、わたしもあなたを罪に定めない(11節)と赦しを宣言された。
イエスは罪人を救うため、十字架にかかられた。

私たちも、自分自身の罪を認め悔い改め、主の救いにすがるなら、赦しを頂き、全き平安を得るのである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール892関連ページ

御言葉メール900
御言葉メール900 2017年9月9日(記:辻嵐桂子) しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。 […]
御言葉メール899
御言葉メール899 2017年9月2日(記:斉藤文子) 「私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は […]
御言葉メール898
御言葉メール898 2017年8月26日(記:辻嵐桂子) 祭司は亜麻布の衣を着なさい。また亜麻布のももひきをそ […]
御言葉メール897
御言葉メール897 2017年8月19日(記:斉藤文子) 「主はこう仰せられる。『見よ。わたしはバビロンとその […]
御言葉メール896
御言葉メール896 2017年8月12日(記:辻嵐桂子) 人が不実なことを行い、あやまって主の聖なるものに対し […]
御言葉メール895
御言葉メール895 2017年8月5日(記:斉藤文子) 「私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶど […]
御言葉メール894
御言葉メール894 2017年7月30日(記:辻嵐桂子) また、イスラエルの全会衆があやまっていて、あることが […]
御言葉メール893
御言葉メール893 2017年7月22日 「あなたの神、主が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げ […]
御言葉メール891
御言葉メール891 2017年7月8日(記:斉藤文子) 「彼らはエレミヤを綱で降ろしたが、穴の中には水がなくて […]
御言葉メール890
御言葉メール890 2017年7月2日(記:辻嵐桂子) 「その人はささげ物の頭に手を置く。それは会見の天幕の入 […]