金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール892

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール892

2017年7月15日(記:辻嵐桂子)

先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モーセは律法の中で、こういう女は石打ちにするように命じています。あなたは何と言われますか。(ヨハネの福音書8章4-5節)

律法学者たちがこの女をイエスのもとに連れて来たのは、イエスを試し告発する理由を得るためであった(6節)。
もし石打ちにせよと言えば、これまで説いてきた神の愛に反するし、また、ユダヤを支配するローマに無断で死刑を執行するとなれば、反逆者と見なされかねない。
もし赦せと言えば、律法に違反したとたちどころに糾弾される。

だがイエスは黙っておられた。
執拗に問い続ける律法学者たちに、イエスがやっと答えられたのは、あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。のひとことであった。

これを聞くと、年長者からひとりひとりその場を立ち去ったとあるが、私自身もこの御言葉に刺され、居たたまれない思いになる。
なぜなら、他人の過ちや欠点をさばくとき、自分のうちにも罪があり、欠点があることを
忘れてしまっているからである。

彼女を訴える者が誰もいなくなり、最後にイエスご自身が、わたしもあなたを罪に定めない(11節)と赦しを宣言された。
イエスは罪人を救うため、十字架にかかられた。

私たちも、自分自身の罪を認め悔い改め、主の救いにすがるなら、赦しを頂き、全き平安を得るのである。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.