御言葉メール903

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール903

2017年10月2日(記:斉藤文子)

「主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り、このようなことを起しえようか。わざわいも幸いも、いと高き方の御口から出るのではないか。生きている人間は、なぜつぶやくのか。自分自身の罪のためにか。」(哀歌3-37~39)

毎日のテレビは、何故こんな事が、という事件の報道で満ちています。それに対して聖書のことばは、私達を徹底的に愛してくださる主権者なる神から出ている事を告げています。それは人間社会の全ての事においてそうです。神がお許しにならなければ、矛盾や悪を、人間が勝手に起せるだろうか、いや、起し得ない。ただ一時的に神が、私達人間が考え得ないような理由で、そのような事が起こるようにしておられるだけなのだ、と作者は、全ては主権者なる神から出ていることを強調します。

以前、私は、こういう事を聞くと、神様が決められた事ならどうしようもないのだ、という諦めの様な、それでいて怒りや不安感を覚えたものですが、それは神がどのようなお方なのかをよく理解していなかったためでした。私もつぶやいた様に人間がつぶやくのは、正しい判断ができなくなったという罪の結果の故ではないか、と問いながら作者は、人間にはつぶやく資格がないと強調するのです。人間の生来の罪の性質は、万事自分が中心で奪い続けますが、神の愛はその真逆でご自分を与え尽くします。その神の愛からでているなら、理由がわからなくても、今の時を待ち望むことができるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール903関連ページ

御言葉メール906
御言葉メール906 2017年10月21日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、それらの肉を食べてはならない。またそ […]
御言葉メール905
御言葉メール905 2017年10月14日(記:斉藤文子) 「私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。 […]
御言葉メール904
御言葉メール904 2017年10月8日(記:辻嵐桂子) さて、アロンの子ナダブとアビフは、 さて、アロンの子 […]
御言葉メール902
御言葉メール902 2017年9月23日(記:辻嵐桂子) きょうしたことは、あなたがたの贖いをするように主が命 […]
御言葉メール901
御言葉メール901 2017年9月16日(記:斉藤文子) 「私の悩みとさすらいの思い出は、苦よもぎと苦味だけ。 […]