御言葉メール904

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール904

2017年10月8日(記:辻嵐桂子)

さて、アロンの子ナダブとアビフは、
さて、アロンの子ナダブとアビフは、おのおの自分の火皿を取り、その中に火を入れ、その上に香を盛り、主が彼らに命じなかった異なった火を主の前にささげた。すると、主の前から火が出て、彼らを焼き尽くし、彼らは主の前で死んだ。(レビ記10章1-2節)

このショッキングな出来事は、祭司の任職式の後、アロンとその子らによって最初の任務が遂行がされて後、直ちに起こった。
異なった火とは、主が命じられた方法とは違う方法で得た火のことで、祭壇の火以外のもの、すなわちきよめられていない火であったと思われる。
彼らの動機は定かではないが、ある注解者はここに、何重もの違反行為が見られると言っている。

神は、御自身の聖さの故に、ご自分に近付く者が死なないように、さまざまな規定を設け、装束や儀式の手順、香の調合に至るまで、こと細かく命じられていた。
それ故アロンは、子たちの不服従に対する速やかかつ厳しい罰が正当であると認め、モーセの言葉にも沈黙したのである(3節)。

今日私たちの神礼拝に、装束や手順の規定などはない。
だが神の聖さにかなうのは、唯イエス・キリストの血のみである。
どんなに熱心でも、また厳かでも、神が定めた唯一の仲介者を介さないなら、それは受け入れられない。
また、私たちの神に対する忠誠の度合いを、この程度で十分ともし考えるなら、それは大きな間違えである。
神礼拝のあり方と、それにのぞむ私自身の心のあり方が、問われるところである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール904関連ページ

御言葉メール906
御言葉メール906 2017年10月21日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、それらの肉を食べてはならない。またそ […]
御言葉メール905
御言葉メール905 2017年10月14日(記:斉藤文子) 「私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。 […]
御言葉メール903
御言葉メール903 2017年10月2日(記:斉藤文子) 「主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り […]
御言葉メール902
御言葉メール902 2017年9月23日(記:辻嵐桂子) きょうしたことは、あなたがたの贖いをするように主が命 […]
御言葉メール901
御言葉メール901 2017年9月16日(記:斉藤文子) 「私の悩みとさすらいの思い出は、苦よもぎと苦味だけ。 […]