御言葉メール905

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール905

2017年10月14日(記:斉藤文子)

「私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。私たちの手をも心をも天におられる神に向けてあげよう。」哀歌3の40~41

私たちは様々に、ここにいると、又これをしているとホッとするというものを持っているのではないかと思います。家族、あるいは自分の家、自分が没頭できる趣味や遊び、学び等もあるでしょう。忙しくしていても疲れていても悩みの中にあっても、その様に帰るところを持っている人は私は幸いだと思います。しかしそれらがどれほど魅力的であったとしても、病や死等によって、いずれ別れたり失ったりしてしまいます。

一体、決して無くなったり失ったりしないものがあるでしょうか。哀歌の作者は、それは主のみもと、だといいます。死も消滅もない永遠の神、しかも私たちの心の奥深くうずく一切の罪とがを赦す方。私たちの今までの生き方を吟味し悔い改める時、永遠の神のみもとは正にそこにあります。そこでは、私たちの手も心も全て神に向ける幸いと喜びがある。どんな状態でも、神のみもとに帰ることに勝る幸いはこの世にはないのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール905関連ページ

御言葉メール932
御言葉メール932 2018年5月19日(記:辻嵐桂子) 彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出した、わたしの […]
御言葉メール931
御言葉メール931 2018年5月12日(記:斉藤文子) 「わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、 […]
御言葉メール930
御言葉メール930 2018年5月(記:辻嵐桂子) あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を […]
御言葉メール929
御言葉メール929 2018年4月29日(記:斉藤秀文) 「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あ […]
御言葉メール928
御言葉メール928 2018年4月21日(記:辻嵐桂子) 祭司であるアロンの子孫のうち、だれでも身に欠陥のある […]
御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]
御言葉メール926
御言葉メール926 2018年4月7日(記:辻嵐桂子) そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られ […]
御言葉メール925
御言葉メール925 2018年3月24日(記:辻嵐桂子) まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしと […]
御言葉メール924
御言葉メール924 2018年3月17日(記:斉藤文子) 人の子よ、見よ。わたしはエルサレムで、パンの蓄えをな […]
御言葉メール923
御言葉メール923 2018年3月11日(記:辻嵐桂子) あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主である […]