金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール906

投稿日:

御言葉メール906

2017年10月21日(記:辻嵐桂子)

あなたがたは、それらの肉を食べてはならない。またそれらの死体に触れてもいけない。それらは、あなたがたには汚れたものである。(レビ記11章8節)

レビ記11章で扱われるのは、きよい動物と汚れた動物の区分である。
食物は、人間の日々の生存に深く関わるものである。それ故様々な汚れに関する教えの中で(11-15章)、これが第一に挙げられる。

この区分の由来については、衛生学上或いは見た目のグロテスクさ等から様々議論されてきた。確かに、食物として健全であることは重要である。
だがもう一方の側面がある。それはイスラエルの民が、神の民として他の国民から区別されているという事実を、食すという日常的な行為の中で自覚させ、またしるしとする宗教的意義である。
これらの汚れから完全に分かたれなければならない最大の動機は、神が聖であるから(44-45節)である。

イエス・キリストはこの差別を撤廃し、すべての食物をきよいとされた(マルコの福音書7章19節、使徒の働き10章9-16節参照)。
だが、キリストの血によって贖われ、そのきよさに与っている私たちは、このように勧められている。

食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現しなさい。(第一コリント人への手紙10章31節)

それは旧約の神の民と同様に、霊的にも肉体的にもあらゆる汚れを避け、生活の全ての領域で、神のきよさを反映させる生き方をするということである。
それほどのきよさを自分は日々求めて生きているだろうか???

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.