御言葉メール906

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール906

2017年10月21日(記:辻嵐桂子)

あなたがたは、それらの肉を食べてはならない。またそれらの死体に触れてもいけない。それらは、あなたがたには汚れたものである。(レビ記11章8節)

レビ記11章で扱われるのは、きよい動物と汚れた動物の区分である。
食物は、人間の日々の生存に深く関わるものである。それ故様々な汚れに関する教えの中で(11-15章)、これが第一に挙げられる。

この区分の由来については、衛生学上或いは見た目のグロテスクさ等から様々議論されてきた。確かに、食物として健全であることは重要である。
だがもう一方の側面がある。それはイスラエルの民が、神の民として他の国民から区別されているという事実を、食すという日常的な行為の中で自覚させ、またしるしとする宗教的意義である。
これらの汚れから完全に分かたれなければならない最大の動機は、神が聖であるから(44-45節)である。

イエス・キリストはこの差別を撤廃し、すべての食物をきよいとされた(マルコの福音書7章19節、使徒の働き10章9-16節参照)。
だが、キリストの血によって贖われ、そのきよさに与っている私たちは、このように勧められている。

食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現しなさい。(第一コリント人への手紙10章31節)

それは旧約の神の民と同様に、霊的にも肉体的にもあらゆる汚れを避け、生活の全ての領域で、神のきよさを反映させる生き方をするということである。
それほどのきよさを自分は日々求めて生きているだろうか???

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール906関連ページ

御言葉メール908
御言葉メール908 2017年11月4日(記:辻嵐桂子) もし彼女が羊を買う余裕がなければ、二羽の山鳩か、二羽 […]
御言葉メール907
御言葉メール907 2017年10月28日(記:斉藤文子) 「ああ、私たちにわざわいあれ。私たちが罪を犯したか […]
御言葉メール905
御言葉メール905 2017年10月14日(記:斉藤文子) 「私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。 […]
御言葉メール904
御言葉メール904 2017年10月8日(記:辻嵐桂子) さて、アロンの子ナダブとアビフは、 さて、アロンの子 […]
御言葉メール903
御言葉メール903 2017年10月2日(記:斉藤文子) 「主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り […]
御言葉メール902
御言葉メール902 2017年9月23日(記:辻嵐桂子) きょうしたことは、あなたがたの贖いをするように主が命 […]
御言葉メール901
御言葉メール901 2017年9月16日(記:斉藤文子) 「私の悩みとさすらいの思い出は、苦よもぎと苦味だけ。 […]