御言葉メール907

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール907

2017年10月28日(記:斉藤文子)

「ああ、私たちにわざわいあれ。私たちが罪を犯したからです。・・・しかし、主よ。あなたはとこしえに御座につき、あなたの御座は代々に続きます。なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。」哀歌5の16~20

聖書は時代を超えて、多くの人が神に向かった魂の叫びを記しています。哀歌の作者は、自分達ユダヤ民族の罪の故に神が裁かれた事を重々、承知しています。しかし、その裁きに用いられた諸国の残忍さの故に国も民も荒廃してしまった。それは私たちが罪を犯したからだ、と告白しながら、作者はその絶望で終わっていないのです。

普通なら、自分が悪かったと諦めるしかない状況で、「しかし、主よ」と神に迫る。私たちは罪のゆえに、悲惨と荒廃の中にいるが、あなたは永遠の神で、あなたのなさる事は全て義しい。作者は神が義しいだけでなく哀れみに富み、罪とがを赦される方だとよく知っていました。だから、何故いつまで私たちを捨てられるのか、と呻くように訴える。

人間同士なら、自分が蒔いた種を刈り取っているだけだろう、と言われて終わりになるところです。しかし神は違う。人間とは違い、罪を憎まれるけど哀れみと恵みにみちておられる方です。その神との深い交わりを持っていた作者だからこそ、まるで信頼しきった父親のように神に迫り不安をあますところなく訴える事ができた。

私達も様々な事態に、心の全てをご存じの神様に訴える事ができます様に。それは信頼と期待があるからこそできる事です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール907関連ページ

御言葉メール932
御言葉メール932 2018年5月19日(記:辻嵐桂子) 彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出した、わたしの […]
御言葉メール931
御言葉メール931 2018年5月12日(記:斉藤文子) 「わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、 […]
御言葉メール930
御言葉メール930 2018年5月(記:辻嵐桂子) あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を […]
御言葉メール929
御言葉メール929 2018年4月29日(記:斉藤秀文) 「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あ […]
御言葉メール928
御言葉メール928 2018年4月21日(記:辻嵐桂子) 祭司であるアロンの子孫のうち、だれでも身に欠陥のある […]
御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]
御言葉メール926
御言葉メール926 2018年4月7日(記:辻嵐桂子) そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られ […]
御言葉メール925
御言葉メール925 2018年3月24日(記:辻嵐桂子) まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしと […]
御言葉メール924
御言葉メール924 2018年3月17日(記:斉藤文子) 人の子よ、見よ。わたしはエルサレムで、パンの蓄えをな […]
御言葉メール923
御言葉メール923 2018年3月11日(記:辻嵐桂子) あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主である […]