御言葉メール908

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール908

2017年11月4日(記:辻嵐桂子)

もし彼女が羊を買う余裕がなければ、二羽の山鳩か、二羽の家鳩のひなを取り、一羽は全焼のいけにえとし、もう一羽は罪のためのいけにえとしなさい。祭司は彼女のために贖いをする。彼女はきよめられる。(レビ記12章8節)

12章では出産後のきよめについて述べられている。
これは子どもの出産そのものを汚れと見なしているのではなく、12章から15章は身体的汚れに関する規定で、特に体の分泌について取り扱っている。
母親を汚れたものとするのは、分娩に伴う分泌物の結果であった。
汚れの明けるまで(すなわち聖所での礼拝が許されるまで)、母親は一定の謹慎期間を経(男児なら40日女児なら80日)、いけにえをささげることできよめは完成した。

この場合、全焼のいけにえは通常一歳の子羊であった。だが子羊を調達できない場合は、山鳩か家鳩のひなをもう一羽、代わりにささげることができた。
家鳩は一年中パレスチナの至る地域に生息し、比較的安価で入手できたという。

新約聖書で、イエス・キリストの誕生の際、最初に神殿を訪れた時の記事の中で、モーセの律法について山鳩或いは家鳩に言及されている(ルカ2:22-24参照)ことから、私たちの主が当時、貧しい家庭にお生まれになったことがわかる。

そもそも出産後のきよめの期間は、産後の母体の健康を保護するという側面もあった。
神の律法は、あらゆる知恵に富み、至るところに貧しき者、弱き者への配慮が溢れている。
神のご命令は、私たちを縛るためのものではなく、まさに、私たちを安全に生かすためのものなのである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール908関連ページ

御言葉メール907
御言葉メール907 2017年10月28日(記:斉藤文子) 「ああ、私たちにわざわいあれ。私たちが罪を犯したか […]
御言葉メール906
御言葉メール906 2017年10月21日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、それらの肉を食べてはならない。またそ […]
御言葉メール905
御言葉メール905 2017年10月14日(記:斉藤文子) 「私たちの道を尋ね調べて、主のみもとに立ち返ろう。 […]
御言葉メール904
御言葉メール904 2017年10月8日(記:辻嵐桂子) さて、アロンの子ナダブとアビフは、 さて、アロンの子 […]
御言葉メール903
御言葉メール903 2017年10月2日(記:斉藤文子) 「主が命じたのでなければ、だれがこのようなことを語り […]
御言葉メール902
御言葉メール902 2017年9月23日(記:辻嵐桂子) きょうしたことは、あなたがたの贖いをするように主が命 […]
御言葉メール901
御言葉メール901 2017年9月16日(記:斉藤文子) 「私の悩みとさすらいの思い出は、苦よもぎと苦味だけ。 […]