金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール915

投稿日:

御言葉メール915

2018年1月13日(記:辻嵐桂子)

なぜなら、肉のいのちは血の中にあるからである。わたしはあなたがたのいのちを祭壇の上で贖うために、これをあなたがたに与えた。いのちとして贖いをするのは血である。(レビ記17章12節)

この章は、動物の取り扱いについて述べており、まず、ほふられた動物は主にささげなければならないこと(1-9節)、血を食すことの禁止(10-12節)、狩猟の規定(13-16節)から成っている。
ことさら血液は、いかなる場合も慎重に取り扱われた。

ノアの洪水後はじめて食肉が許された時も、肉を血のままで食すことを禁じられた。いのちと血は同等に見られ、あなたがたのいのちのためには、あなたがたの血の価を要求すると述べられている(創世記9章3-6節参照)。

旧約聖書のいけにえは、必ず血の儀式(血の注ぎかけなど)を伴った。神との関係はそれなしには刷新され得なかったからである(新約聖書ヘブル人への手紙9章18-22節参照)。
贖いは常に身代わりの死と結び付けられ、血の注ぎは、そのいのちがささげられたことを示している。

イエス・キリストもまた、私たちの罪のために十字架上でその血潮を流し、完全な贖いとなって私たちを不義からきよめ、私たちを神との新たな交わりに移してくださった。

クリスチャンになる前は、聖書は神秘的かつ寓意的な漠然とした表現で、道徳や倫理を語っている書物だと思っていた。
実際読んでみると(個人的な感想であるが)実にリアリティに満ち、血生臭い記述が多いのに衝撃を受けた。
これらの記事は、罪というものの恐ろしい現実と、私たちの救いのため、神が壮大な計画を忠実に実行なさったことを教えてくれる。
御子をも惜しまずお与えくださった神の愛に、今も圧倒されるのである。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.