御言葉メール918

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール918

2018年2月3日(記:斉藤文子)

「『人の子よ。わたしがあなたに与えるこの巻き物で腹ごしらえをし、あなたの腹を満たせ。』そこで、私はそれを食べた。すると、それは私の口の中で蜜のように甘かった。」(エゼキエル3の3)

冒頭の「巻き物」は、みことばのことです。エゼキエルは、天から指し伸ばされた手に、ひとつの巻物が握られている、という幻を見せられます。それを食べると蜜のように甘かった。巻物を食べるとは、みことばを聞くことです。日々のキリスト者の歩みにおいて聖書を読み、神の語りかけを聞き応答の祈りをする。キリスト者がこの世で生きるという事は、みことばを抜きにしては成り立ちません。意識してもしなくてもキリスト者はそこでしか養われない。エゼキエルがみことばが蜜の様に甘い、という時、私は神のみことばによって養われる、幸いな人の姿を思い浮かべます。私もそうなりたい、と願いながらなれない姿です。

しかしその巻物は、神の嘆きと悲しみで埋め尽くされていた。神の義と愛は、それを知りながら離れるイスラエルに対して痛恨の極みでした。エゼキエルは、そのみことばを甘いという。反逆する民に対して、罪を罰せないではおれない神は、しかし愛さないでもおれない。そういう神を知る時、みことばによって養いを受け、自分の罪を教えられ、それを悲しみ、それゆえに神を飢え渇き求める者にとって、聖書のことばは蜜の様に甘く、どの様な状態にあっても、神の恵みの十分さを教えられ、確信できるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール918関連ページ

御言葉メール920
御言葉メール920 2018年2月17日(記:斉藤文子) 「もしあなたが悪い者に警告を与えても、彼がその悪と悪 […]
御言葉メール919
御言葉メール919 2018年2月12日(記:辻嵐桂子) あなたがたの土地の収穫を刈り入れるときは、畑の隅々ま […]
御言葉メール917
御言葉メール917 2018年1月27日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、あなたがたが住んでいたエジプトの地のな […]
御言葉メール916
御言葉メール916 2018年1月20日(記:斉藤文子) その方は私に仰せられた。『人の子よ。立ち上がれ。わた […]
御言葉メール915
御言葉メール915 2018年1月13日(記:辻嵐桂子) なぜなら、肉のいのちは血の中にあるからである。わたし […]
御言葉メール914
御言葉メール914 2018年1月6日(記:斉藤文子) 「彼らの頭の上、大空のはるか上のほうには、サファイヤの […]
御言葉メール913
御言葉メール913 2017年12月30日(記:辻嵐桂子) しかしキリストは、すでに成就したすばらしい事がらの […]
御言葉メール912
御言葉メール912 2017年12月23日(記:斉藤文子) 「第30年の第4の月の5日、私がケバル川のほとりで […]
御言葉メール911
御言葉メール911 2017年12月16日(記:辻嵐桂子) アロンは生きているやぎの頭に両手を置き、イスラエル […]
御言葉メール910
御言葉メール910 2017年12月4日(辻嵐桂子) 主はモーセに仰せられた。あなたの兄アロンに告げよ。かって […]