御言葉メール919

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール919

2018年2月12日(記:辻嵐桂子)

あなたがたの土地の収穫を刈り入れるときは、畑の隅々まで刈ってはならない。あなたの収穫の落ち穂を集めてはならない。あなたのぶどう畑の実を取り尽くしてはならない。あなたのぶどう畑の落ちた実を集めてはならない。貧しい者と在留異国人のために、それらを残しておかなければならない。わたしはあなたがたの神、主である。(レビ記19章9-10節)

19章からの諸律法は、聖なる神の民が、聖なる共同体となるための、生活に直結した諸規定である。ここには、安息日の尊守や偶像礼拝の禁止、父母を敬うことなど、十戒と対応している記述も多い。

神の律法は、いつでも貧しい者や弱き者への配慮を欠かない。
搾取は固く禁じられ、賃金はその日のうちに払われなければならなかった(13節)。
障害者への配慮も求められた(14節)。
貧しい者たちのために畑の収穫物を残すよう命じられた(上記)。これによって収入を得る術のないやもめや在留異国人などが養われた。(ルツ記2章等参照)

取り尽くしてはならないという命令は、人の本性に反するものである。
私たちは、少しでも多くのものを手にしたいし、自分の権利は決して侵されたくない、というのが本音ではないだろうか?
あえて残すどころか、少しでも取りこぼしがないように工夫するのが普通である。

神の律法の要求は、私たちが考える善意や親切心以上のものであることは明らかである。
このような律法を実践できる動機は、神への畏れだけである。
イスラエルにおいてはまさに、このような行動の中に、神の聖さや弱き者への神のご慈愛が、反映されたのである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール919関連ページ

御言葉メール936
御言葉メール936 2018年6月23日(記:辻嵐桂子) 牛や羊の十分の一については、牧者の杖の下を十番目ごと […]
御言葉メール935
御言葉メール935 2018年6月9日(記:斉藤文子) 「彼らは『主は私たちを見ておられない。主はこの地を見捨 […]
御言葉メール934
御言葉メール934 2018年6月2日(記:辻嵐桂子) それにもかかわらず、彼らがその敵の国に居るときに、わた […]
御言葉メール933
御言葉メール933 2018年5月30日(記:斉藤文子) 「忌み嫌うべきことが、あなたの中にあるうちに、わたし […]
御言葉メール932
御言葉メール932 2018年5月19日(記:辻嵐桂子) 彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出した、わたしの […]
御言葉メール931
御言葉メール931 2018年5月12日(記:斉藤文子) 「わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、 […]
御言葉メール930
御言葉メール930 2018年5月(記:辻嵐桂子) あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を […]
御言葉メール929
御言葉メール929 2018年4月29日(記:斉藤秀文) 「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あ […]
御言葉メール928
御言葉メール928 2018年4月21日(記:辻嵐桂子) 祭司であるアロンの子孫のうち、だれでも身に欠陥のある […]
御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]