金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール920

投稿日:

御言葉メール920

2018年2月17日(記:斉藤文子)

「もしあなたが悪い者に警告を与えても、彼がその悪と悪の道から立ち返ることがないなら、彼は自分の不義のゆえに死ななければならない……また、正しい人がその正しい行いをやめて不正を行うなら、わたしは彼の前につまづきを置く。」エゼキエル3の18,19

旧約聖書は、正しい人、悪い者という区別が多く出てきます。エゼキエル書のこの箇所もそうです。この区別は、多分に旧約的です。新約においては、キリストの啓示によって罪と恵みの対比がより明らかになります。善人悪人の区別が取り去られる。人間は一人として「義人はいない」のです。それは「律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められない」とある通りです。そして「すべての人は罪を犯したので、神からの栄誉を受けることが出来ず」神の裁きに服さなければならないことが明らかにされる。

しかしイエスキリストの贖いのわざにより、罪と滅びから救われ、永遠のいのちに至る福音の道が示された。旧約においても律法を表面的に守っている事を、神は暴かれます。心から守ろうとする時、守ることができない自分の姿を知り悔い改めて、自分を救ってくださるメシアを求める、これが神のみこころでした。これが新約に入るとキリストの赦しがすでに与えられている中で、自分の罪を認める事が神への感謝に変わるのです。

旧約と新約は、自分の罪を贖う方を待ち望む信仰と、すでにそれを得て信じるという違いはあるものの、いずれにしても、その中心は、罪を贖うメシアへの期待と感謝なのです。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.