金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール921

投稿日:

御言葉メール921

2018年2月24日(記:辻嵐桂子)

不正な裁判をしてはならない。弱い者におもねり、また強い者にへつらってはならない。あなたの隣人を正しくさばかなければならない。(レビ記19章15節)

貧しい者や弱き者への配慮と共に、モーセ律法の中で際立つもうひとつの点は、公正さである。

賄賂をとり公義をねじ曲げる裁判官、異なるおもりで不正な利をむさぼる商人、正当な賃金を惜しむ雇い人等、聖書には様々な不正が描かれている。

私が上記の御言葉を読んで一番に思い浮かべるのは、イエス・キリストの裁判を行った、時の総督ポンテオ・ピラトである。
ピラトは、イエスに罪がないことを認めながら、十字架につけろと叫ぶ群衆の声に負け、イエスを死に引き渡した。
彼が何より恐れたのはローマの皇帝であって、ユダヤで暴動が起きることにより、自らの地位を失脚することを恐れたのである。

私たちも、自分の立場が危うくなるような状況においては、強い者の声の方に聞き従ってしまう弱さがあるのではないか。
ともすれば相手の立場や能力によって態度を変えたり、弱い者の言い分を軽んじたりすることはないか。

神は裁判のみならず、生活のあらゆる場面において、隣人に対して公正であれと命じておられる(35-36節参照)。
聖書の御言葉はいつも私たちのあり方を問い、戒めるものである。
神の御子がこの地上において、いかに公正で憐れみ深くあられたか、改めて思いを馳せたい。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.