御言葉メール924

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール924

2018年3月17日(記:斉藤文子)

人の子よ、見よ。わたしはエルサレムで、パンの蓄えをなくそうとしている。彼らは恐る恐る量ってパンを食べ、おびえながら水を量って飲む。こうしてパンと水が乏しくなり、だれもかれもが茫然として、自分たちの咎のゆえに朽ち果てる。」エゼキエル4の16、17

エゼキエルがこの預言をしたころには、エルサレムはバビロンに二度、侵略されていました。それでもエルサレムは、比較的豊かで平和でした。そのため人々は、上記の様な事態になることなど夢にも思っていなかったのです。さらにエルサレムは神の都だから決して滅びない、滅びるはずがないという信仰のようなものがありました。だからバビロンに二度侵略され、住民の一部が捕囚になっても、「彼らは運が悪かったのだ」と言って安心していたのです。しかし「神の都」でも偶像礼拝と不道徳によって、神を忘れた町を神様はそのままにしておかれません。上記のみことばのようになっていくのです。

私たちも新約の預言によって、終わりの日が近づいている事、そしてその日はいまだかつてなかったような恐怖と破滅と審判の日であることを知らされています。

しかし私自身そうですが、その様に書かれた聖書のみことばを思い巡らす事の何と少ない事だろうと思います。現実の問題の解決のみを祈り求めてしまい易いですが、どうかその中で、今と今の問題が全てではない事、この世は必ず終わりがある事を悟らされて今と今の問題も主権者なる神に委ねる信頼と幸いが与えられていきますように。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール924関連ページ

御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]
御言葉メール926
御言葉メール926 2018年4月7日(記:辻嵐桂子) そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られ […]
御言葉メール925
御言葉メール925 2018年3月24日(記:辻嵐桂子) まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしと […]
御言葉メール923
御言葉メール923 2018年3月11日(記:辻嵐桂子) あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主である […]
御言葉メール921
御言葉メール921 2018年2月24日(記:辻嵐桂子) 不正な裁判をしてはならない。弱い者におもねり、また強 […]
御言葉メール920
御言葉メール920 2018年2月17日(記:斉藤文子) 「もしあなたが悪い者に警告を与えても、彼がその悪と悪 […]
御言葉メール919
御言葉メール919 2018年2月12日(記:辻嵐桂子) あなたがたの土地の収穫を刈り入れるときは、畑の隅々ま […]
御言葉メール918
御言葉メール918 2018年2月3日(記:斉藤文子) 「『人の子よ。わたしがあなたに与えるこの巻き物で腹ごし […]
御言葉メール917
御言葉メール917 2018年1月27日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、あなたがたが住んでいたエジプトの地のな […]
御言葉メール916
御言葉メール916 2018年1月20日(記:斉藤文子) その方は私に仰せられた。『人の子よ。立ち上がれ。わた […]