金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール925

投稿日:

御言葉メール925

2018年3月24日(記:辻嵐桂子)

まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。(ルカの福音書23章43節)

この言葉は、驚くべきことに、十字架上で、極刑の最中に、主イエス・キリストが、同じように十字架につけられている犯罪人に語られた言葉である。
この犯罪人は、死に行こうとしているまさにその時、十字架上のイエスを目の当たりにし、イエスを救い主と信じたのである(41-42節参照)。

パラダイスとは天国、すなわち、死後のいのちの至福の状態を指す。そこには、義人のみが入ることができるのである。
しかし、すべての人は罪人であり、義人と呼ばれる者はひとりもいないと聖書は記している(ローマ人への手紙3章10節、23節他)。

ところがここでは、十字架刑に価する罪を犯した犯罪人が、死の淵にあって、主ご自身から、今まさに主とともにパラダイスにいると宣言されるのである。
この出来事は、救いが全く人の功績によらないものであることを、私たちに証明している。

ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスの贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。(ローマ人への手紙3章24節)

受難週を迎える。イエス・キリストの十字架について、語るべきことは山ほどあるが、その死が、私たちにもたらした最たるものは何であるか、今一度考える機会としたい。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.