御言葉メール926

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール926

2018年4月7日(記:辻嵐桂子)

そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。(マタイの福音書27章50-51節)

イエスの死に際して起こった様々な現象(暗闇、地震等)については、それぞれの福音書記者が記すところである。そして、これらのことを間近に見ていたローマの兵隊たちは、この方はまことに神の子であった。と告白した(54節)。

神殿の幕が上から真二つに裂けたこの現象は、3つの福音書に記されているが、それを実際に目撃したのは、神殿にいた祭司たちであったであろう。
後に得たこの証言は、重要かつ出来事の本質を象徴する事柄として、福音書に記された。

神殿の幕とはおそらく、聖所と至聖所を隔てる垂れ幕のことで(出エジプト記36章35節)、至聖所は、祭司と言えど決して入ってはならない、最も聖なる領域であった。垂れ幕の内側には大祭司だけが、定めに従い、年に一度、民の贖いをするために、いけにえの血を携えて入ることが出来た(レビ記16章参照)。
この垂れ幕は文字通り、神と人との間を隔てる、隔ての幕であった。

イエス・キリストの十字架の死は、神と人を隔てるもの(すなわち罪)を取り除くためのものであった。
上から下に裂けたということは、それが人手によらないことを表している。
私たちは信仰を頂き、キリストの贖いによって罪の赦しを得、生ける神の臨在に、分け隔てなく近付くことが出来るようになった。
それはすべて、神が救いの道を備えていてくれたからである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール926関連ページ

御言葉メール936
御言葉メール936 2018年6月23日(記:辻嵐桂子) 牛や羊の十分の一については、牧者の杖の下を十番目ごと […]
御言葉メール935
御言葉メール935 2018年6月9日(記:斉藤文子) 「彼らは『主は私たちを見ておられない。主はこの地を見捨 […]
御言葉メール934
御言葉メール934 2018年6月2日(記:辻嵐桂子) それにもかかわらず、彼らがその敵の国に居るときに、わた […]
御言葉メール933
御言葉メール933 2018年5月30日(記:斉藤文子) 「忌み嫌うべきことが、あなたの中にあるうちに、わたし […]
御言葉メール932
御言葉メール932 2018年5月19日(記:辻嵐桂子) 彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出した、わたしの […]
御言葉メール931
御言葉メール931 2018年5月12日(記:斉藤文子) 「わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、 […]
御言葉メール930
御言葉メール930 2018年5月(記:辻嵐桂子) あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を […]
御言葉メール929
御言葉メール929 2018年4月29日(記:斉藤秀文) 「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あ […]
御言葉メール928
御言葉メール928 2018年4月21日(記:辻嵐桂子) 祭司であるアロンの子孫のうち、だれでも身に欠陥のある […]
御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]