御言葉メール926

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール926

2018年4月7日(記:辻嵐桂子)

そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られた。すると、見よ。神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。(マタイの福音書27章50-51節)

イエスの死に際して起こった様々な現象(暗闇、地震等)については、それぞれの福音書記者が記すところである。そして、これらのことを間近に見ていたローマの兵隊たちは、この方はまことに神の子であった。と告白した(54節)。

神殿の幕が上から真二つに裂けたこの現象は、3つの福音書に記されているが、それを実際に目撃したのは、神殿にいた祭司たちであったであろう。
後に得たこの証言は、重要かつ出来事の本質を象徴する事柄として、福音書に記された。

神殿の幕とはおそらく、聖所と至聖所を隔てる垂れ幕のことで(出エジプト記36章35節)、至聖所は、祭司と言えど決して入ってはならない、最も聖なる領域であった。垂れ幕の内側には大祭司だけが、定めに従い、年に一度、民の贖いをするために、いけにえの血を携えて入ることが出来た(レビ記16章参照)。
この垂れ幕は文字通り、神と人との間を隔てる、隔ての幕であった。

イエス・キリストの十字架の死は、神と人を隔てるもの(すなわち罪)を取り除くためのものであった。
上から下に裂けたということは、それが人手によらないことを表している。
私たちは信仰を頂き、キリストの贖いによって罪の赦しを得、生ける神の臨在に、分け隔てなく近付くことが出来るようになった。
それはすべて、神が救いの道を備えていてくれたからである。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール926関連ページ

御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]
御言葉メール925
御言葉メール925 2018年3月24日(記:辻嵐桂子) まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしと […]
御言葉メール924
御言葉メール924 2018年3月17日(記:斉藤文子) 人の子よ、見よ。わたしはエルサレムで、パンの蓄えをな […]
御言葉メール923
御言葉メール923 2018年3月11日(記:辻嵐桂子) あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主である […]
御言葉メール921
御言葉メール921 2018年2月24日(記:辻嵐桂子) 不正な裁判をしてはならない。弱い者におもねり、また強 […]
御言葉メール920
御言葉メール920 2018年2月17日(記:斉藤文子) 「もしあなたが悪い者に警告を与えても、彼がその悪と悪 […]
御言葉メール919
御言葉メール919 2018年2月12日(記:辻嵐桂子) あなたがたの土地の収穫を刈り入れるときは、畑の隅々ま […]
御言葉メール918
御言葉メール918 2018年2月3日(記:斉藤文子) 「『人の子よ。わたしがあなたに与えるこの巻き物で腹ごし […]
御言葉メール917
御言葉メール917 2018年1月27日(記:辻嵐桂子) あなたがたは、あなたがたが住んでいたエジプトの地のな […]
御言葉メール916
御言葉メール916 2018年1月20日(記:斉藤文子) その方は私に仰せられた。『人の子よ。立ち上がれ。わた […]