御言葉メール929

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール929

2018年4月29日(記:斉藤秀文)

「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あなたがたをわしの翼に載せて、わたしのもとに連れて来たことを見た。」(出エジプト19章4節)。

 神は、ここでイスラエルに思い出させていることは、イスラエルがエジプトで奴隷であったが、神が解放したという壮大な出来事でした。それは、わずか三か月前まで、彼らが民族的抑圧に苦しんでいたが、そこから解放されたという歴史的事件です。
 神は「わたしがエジプトにした」、そして「わたしのもとに連れて来た」云われます。神は、イスラエルに何かをせよという言葉は一切なしに、神がすでになしたことが強調します。

 神の主導による贖いの恵みがまず先行し、その後ですべての出来事(律法の授与、契約の成立、幕屋の建設、そして約束の地に向かっての行進など)が続いて起こります。彼らが今生きている命は神の恵みによるのです。彼らの将来あるべき姿へと召された歩みは、ここを出発点としなければならない。もちろん、神との契約を守るようにとの倫理的命令はあります。しかし、それは、神の贖いを獲得するための条件ではなく(それはすでに完成している)、彼らのアイデンティティの土台です。アイデンティティと従順は、恵みの結果なのです。

 だから律法は、聖書的贖いに対する応答です。それ以外の土台(律法厳守による救いと祝福の獲得)は、思い上がり、律法主義であり、それは失望に導くだけです。神への従順という聖書的クリスチャン生活の証は、神の先行的、一方的贖い(神の将来的目的を含む)という恵みを土台としなければならないのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール929関連ページ

御言葉メール932
御言葉メール932 2018年5月19日(記:辻嵐桂子) 彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出した、わたしの […]
御言葉メール931
御言葉メール931 2018年5月12日(記:斉藤文子) 「わたしが彼らの上に手を伸ばし、すべて彼らの住む所、 […]
御言葉メール930
御言葉メール930 2018年5月(記:辻嵐桂子) あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を […]
御言葉メール928
御言葉メール928 2018年4月21日(記:辻嵐桂子) 祭司であるアロンの子孫のうち、だれでも身に欠陥のある […]
御言葉メール927
御言葉メール927 2018年4月14日(記:斉藤文子) 「人の子よ、あなたは鋭い剣を取れ。それを床屋のかみそ […]
御言葉メール926
御言葉メール926 2018年4月7日(記:辻嵐桂子) そのとき、イエスはもう一度大声で叫んで、息を引き取られ […]
御言葉メール925
御言葉メール925 2018年3月24日(記:辻嵐桂子) まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしと […]
御言葉メール924
御言葉メール924 2018年3月17日(記:斉藤文子) 人の子よ、見よ。わたしはエルサレムで、パンの蓄えをな […]
御言葉メール923
御言葉メール923 2018年3月11日(記:辻嵐桂子) あなたがたはわたしにとって聖なるものとなる。主である […]
御言葉メール921
御言葉メール921 2018年2月24日(記:辻嵐桂子) 不正な裁判をしてはならない。弱い者におもねり、また強 […]