金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール929

投稿日:

御言葉メール929

2018年4月29日(記:斉藤秀文)

「あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あなたがたをわしの翼に載せて、わたしのもとに連れて来たことを見た。」(出エジプト19章4節)。

 神は、ここでイスラエルに思い出させていることは、イスラエルがエジプトで奴隷であったが、神が解放したという壮大な出来事でした。それは、わずか三か月前まで、彼らが民族的抑圧に苦しんでいたが、そこから解放されたという歴史的事件です。
 神は「わたしがエジプトにした」、そして「わたしのもとに連れて来た」云われます。神は、イスラエルに何かをせよという言葉は一切なしに、神がすでになしたことが強調します。

 神の主導による贖いの恵みがまず先行し、その後ですべての出来事(律法の授与、契約の成立、幕屋の建設、そして約束の地に向かっての行進など)が続いて起こります。彼らが今生きている命は神の恵みによるのです。彼らの将来あるべき姿へと召された歩みは、ここを出発点としなければならない。もちろん、神との契約を守るようにとの倫理的命令はあります。しかし、それは、神の贖いを獲得するための条件ではなく(それはすでに完成している)、彼らのアイデンティティの土台です。アイデンティティと従順は、恵みの結果なのです。

 だから律法は、聖書的贖いに対する応答です。それ以外の土台(律法厳守による救いと祝福の獲得)は、思い上がり、律法主義であり、それは失望に導くだけです。神への従順という聖書的クリスチャン生活の証は、神の先行的、一方的贖い(神の将来的目的を含む)という恵みを土台としなければならないのです。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.