金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール934

投稿日:

御言葉メール934

2018年6月2日(記:辻嵐桂子)

それにもかかわらず、彼らがその敵の国に居るときに、わたしは彼らを退けず、忌みきらって彼らを絶ち滅ぼさず、彼らとのわたしの契約を破ることはない。わたしは彼らの神、主である。(レビ記26章44節)

26 章は、レビ記のクライマックスとも言える章である。
ここには、律法を守り従順に歩んだ場合に、約束の地で享受するであろう神の祝福と、不従順の場合にもたらされる呪いとが述べられている。
しかも呪いについては、民があくまでも神に逆らい続けるのであれば、その懲らしめは七倍も重くのしかかると繰り返し述べらる(18、21、24、28節)。
それは実に凄惨で、疫病、不作、災害に始まり、ある者は飢えわが子を食らい、遂には敵の侵攻を許し、多くの者が死に、あるいは散らされ、町々は廃墟となる(16-33節)。

この律法の書が書かれてから数百年後、この呪いは現実のものとなっていく。
イスラエルの民は祝福を享受し、約束の地カナンを所有するようになるが、その心は瞬く間に偶像になびき、再三の警告も聞かず反逆に反逆を重ね、遂にアッシリアまたバビロンによって滅ぼされてしまう。

だが、上記の御言葉はどうだ。たとえ民がどのような状態になっても、神は彼らの神であり続けると言うのだ。
そして、残された民を帰還させ、国土を再び回復するという約束もまた、実現されていく。

今やイエス・キリストへの信仰を通して、神(主)は私たちの神となられた。これは奇しいことである。
そして神(主)は、私たちがどのような状態にあっても、私たちの神であり続けて下さるのだ。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.