金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

901-950

御言葉メール938

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール938

2018年7月6日(記:辻嵐桂子)

神は、むかし先祖たちを通して、多くの部分に分け、また、いろいろな方法で語られましたが、この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。(ヘブル人への手紙1章1-2節)

聖書には、旧約聖書と新約聖書がある。周知のことであるが、旧約聖書はキリスト以前、新約聖書はキリスト以降に書かれた。
旧約聖書は、およそ紀元前1500年から千年にわたって、イスラエル民族の歴史を通して与えられた、神の啓示である。
そこには、律法やメシヤに関する預言が含まれている。
新約聖書は、イエス・キリストの死後数十年の間に書かれた、イエスについての証言であって、それは27通の書簡からなっている。

イエス・キリストの十字架の贖いによる救い(すなわち福音)は、新約聖書の中に明らかにされている。それ故、人が救われるためには、新約聖書だけあれば十分と主張する人たちもいる。
しかし、新約聖書は旧約聖書を土台としているということは明白である。
上記の御言葉も、神の救いの御業が、新旧約両時代を通じて一貫しており、両者が連続性を持っていることを示している。
かつてイスラエル民族に、律法や預言、また神の民の歴史を通して啓示されてきた神の救いが、受肉した神の御子によって成就され、今や、私たち異邦人にももたらされたのである。

旧約聖書を知らなくても、人が救われることは可能であろう。
だが私自身は、旧約聖書の啓示なしに、このような卓越した神を知り得たであろうかと思う。
私は、旧約聖書を通して、この世界を創造し、自然も、歴史をも支配しておられる神の存在を知り、それまでの世界観、価値観、正義や良心さえも、全て自分本意な空想(偶像)に過ぎないことを思い知ったのである。

カテゴリー

-901-950

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.