御言葉メール714

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール714

2014年1月25日

「わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。」(詩篇42の5)

私達は実に様々な事で思い悩みます。その内容は一人一人違うでしょうが、思い乱れる事は山の様にあるでしょう。詩篇の作者は何かの理由でエルサレムから追放され、神殿での合同礼拝に参加できなくなった。

異教徒の神への罵りもある。それらが作者を絶望に陥れています。勿論一人で祈ってはいる。しかし合同礼拝で皆が一つになって神を崇めるところから、神の家族としての交わりが育っていく。合同礼拝は神との交わりを具体化するものだったのでしょう。思い乱れる作者は、そんなことではだめだ、と自分を叱咤激励するのではなく、神を待ち望む様に自分の心を教えるのです。

今週の礼拝で、信仰は未来に向かう、と教えられました。私たち人間は、現在と過去に縛られながら生きている者ですが、しかし信仰は、その鎖を解き放ち未来へと私たちを向かわせる。即ち神に期待し過去と今から解放されて神に望みを託すのです。人間にとって困難な事ですが神はそれをしてくださいます。詩人の様に、思い乱れる時、神を待ち望む祈りが与えられます様に。その祈りは神のなさる事をみるでしょう。

(記 牧師夫人)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール714関連ページ

御言葉メール750
御言葉メール750 2014年10月18日(記:斎藤文子) 「聞きなさい。イスラエルよ。きょう、私があなたがた […]
御言葉メール749
御言葉メール749 2014年10月11日(記:マハー満枝) 「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢 […]
御言葉メール748
御言葉メール748 2014年9月27日(記:辻嵐桂子) 「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名 […]
御言葉メール747
御言葉メール747 2014年9月20日(記;斎藤文子) 「心の貧しい者は幸いです。・・悲しむ者は幸いです。そ […]
御言葉メール746
御言葉メール746 2014年9月13日(記:マハー満枝) 「…主がどれほど偉大なことをあなたがた […]
御言葉メール745
御言葉メール745 2014年9月6日(記:辻嵐桂子) 「あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せ […]
御言葉メール744
御言葉メール744 2014年8月30日(記:斎藤文子) 「さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常 […]
御言葉メール743
御言葉メール743 2014年8月23日(記:マハー満枝) 「主に向かって私は歌おう。」(旧約・出エジプト15 […]
御言葉メール742
御言葉メール742 2014年8月16日(記:辻嵐桂子) 「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。」(伝道 […]
御言葉メール741
御言葉メール741 2014年8月9日(記:斎藤文子) 「あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによっ […]