金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール715

投稿日:

御言葉メール715

2014年2月1日

「助産婦たちは神を恐れたので、神は彼女たちの家を栄えさせた。」(出エジ1:20)

ヨセフの時代にエジプトに移り住んだイスラエルの民は、エジプトの中で最も良い地を与えられ、優遇されました。それがヨセフが死に、ヨセフの事を知らない新しい王が起こり、事態は急変しました。増えてきた民はエジプトにとって脅威となり、彼らを恐れた王たちは、彼らをエジプトの奴隷としたのです。

それから約百年の間、彼らは苦しみの中にいました。 10節から14節を見ると、彼らがどんなにひどく取り扱われたかがわかります。彼らは過酷な労働を強いられました。その中で彼らは何を思ったでしょう? その上、増え広がる民を抑制するため、王はイスラエルの
民の男の赤ちゃんが生まれたら殺せ、という命令を出します。これ以上どんなひどい事があるでしょうか?

本当に神様は民を見放してしまわれたのでしょうか? 17節に、力強い「しかし」があります! そのようなマイナスだらけの状況の中で、神を恐れる者がいました。しかも女性!そして彼女たちの名前が挙げられています。シフラとプア。神様は助産婦という、一見目立たない存在の女性たちの信仰を用いて、今また歴史を大きく動かそうとしておられました。 回りの状況を見る時、自分は何もできない、お手上げだ、と考える事があるかもしれません。しかし私たちはあの助産婦たちのように、回りに流されることなく、まず第一に神様を恐れ、正しい事をする者でありたいと思います。神様はそのような者たちを祝福してくださいます。
(記:マハー満枝)

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.