金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール731

投稿日:

御言葉メール731

2014年5月24日(記:辻嵐桂子)

「王は律法のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。(Ⅱ歴代誌34:19)」

聖書の中には、神のことばに対する様々な反応が見られる。ユダ王国末期の王エホヤキムは、滅びを警告する神のことばに腹をたて、書かれた巻物を燃やしてしまった。

一方、その父であるヨシヤ王は、若い時から熱心に神を求め、国中から偶像を取り除き、神の宮の修理に着工した信仰的な王であった。

その際発見されたのが、長い間打ち捨てられていた律法の書であった。神の律法は父祖たちの罪の大きさと神の憤り、また、これまでの神礼拝の不十分さを明らかにした。

ヨシヤ王は冒頭のことばのように心から罪を悔い改め、その後も全力で神に従った。

自分を肯定してくれる言葉を聞くのは気持ちのいいものである。しかし神のことばはいつも心地よく響くものとは限らない。むしろそれは私たちの心の中の罪を顕にし、愛の欠如を思い知らせ、全力で神に立ち返れと迫ってくるのである。

「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。(ヘブル人への手紙4章12節)」

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.