金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール733

投稿日:

御言葉メール733

2014年6月7日(記:マハー満枝)

「いつまでわたしの前に身を低くすることを拒むのか。」(出エジ10:3)

出エジプト記7章から10章までのモーセとパロの対峙の様子を見る時、そして特にパロの態度や言葉を見る時、哀れというより、それはむしろ滑稽にも見えます。とにかく神様を拒み、イスラエルを行かせようとはせず、災難が降りかかるとモーセに泣きついて態度を一変させ、問題がなくなるとまた心を頑なにして反抗する。

そんなパロにかけられた神様の言葉(10:3)には、ハッとさせられます。「いつまでわたしの前に身を低くすることを拒むのか。」パロの姿を見て、何と愚かなんだろうと私たちは思ってしまいますが、よくよく考えてみると、自分の中にもそのような愚かしさがある事を否めません。

「モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった。」と民数記12:3にあります。謙遜と傲慢の定義は何でしょう?謙遜は、全ての上におられる神様を認めて仰ぎ、その御前に身を低くすること。傲慢はそれに反して、自分を全ての中心に置くことではないでしょうか。「いつまでわたしの前に身を低くすることを拒むのか。」この言葉を、今日神様から私にいただいたお言葉として、かみしめながら一日を過ごさせていただきましょう。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.