金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール742

投稿日:

御言葉メール742

2014年8月16日(記:辻嵐桂子)

「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。」(伝道者の書1章2節)

著者は王の中でも知恵に秀で、多くの富を持ち、事業においても並ぶ者がないくらい偉大な業績を残した(一説にはソロモン王=イスラエルの黄金時代を築いた王である)。栄華名声を欲しいままにした人物が、晩年人生を振り返り語った言葉がこれである。

「空」は英語の聖書ではMeanigless(意味がない)であり、空気のようなものということである。人はどんなに業績を積んでも、富を集めても、いずれ死を迎え、時が経てば忘れ去られる。全ての労苦はむなしく意味がない、何も益にならないと著者は言うのである。この世の富や名声は所詮そのようなものである。

しかしこの書は教えてくれる。飲み食し労苦する。すべての人に与えられたこれらの営みこそ神からの賜物であり、私たちが享受すべき恩寵であると。これら全てに神の御手を覚えるなら、私たちのささやかな日常の一切が輝きを放つ。たとえ不完全で限りがあるとも、そこには意味があり、価値があると言える。まして、神に贖われたいのちの価値はいかほどであろうか!

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」(伝道者の書3章11節)

「人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。」(詩篇8章4節)

「私の目には、あなたは高価で尊い。」(イザヤ書43章4節)

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.