御言葉メール747

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール747

2014年9月20日(記;斎藤文子)

「心の貧しい者は幸いです。・・悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイ5の3~4)

イエス様は「放蕩息子」という有名なたとえ話しをされました。父から財産の自分の分け前をもらい、放蕩三昧のあげく父の元に帰ってきた弟息子。

息子の帰りを待ちわびていた父の喜びは大変なもので、祝宴を開きます。そこに父に仕えてきた兄息子が、畑から帰ります。兄は自分が働き続けても、宴会ひとつしてくれない父が、放蕩三昧の弟が帰ってきたら祝宴までしてやる事に腹をたてます。この父は明らかに神であり、弟はイエスのもとに来ている取税人、罪人。兄は彼等に眉をひそめたパリサイ人、律法学者。

私はイエス様を信じた時に、弟息子の様にようやく神のもとに帰ったのだと思いました。しかし信仰生活の中で、神と共に在る事の幸いをどれだけ味わい喜んできただろうか。いつも父の側に居ながら、その恵みに気付かず不平不満に陥る兄息子の様ではなかったか。神と共に居て、弟息子の様に、心貧しく悲しむ者の慰めを享受し続けてきただろうか。

悔い改める事ばかりです。自分に絶望し、この世のどこにも期待を見いだせず、自分の罪のために悲しむ事しかできない者。イエス様はそういう者こそ本当に幸いな人だと言われた。なぜならその人は、弟息子が父に帰った様に神に帰るからです。その時、私達は更に神の愛を教えられていく者とされるでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール747関連ページ

御言葉メール750
御言葉メール750 2014年10月18日(記:斎藤文子) 「聞きなさい。イスラエルよ。きょう、私があなたがた […]
御言葉メール749
御言葉メール749 2014年10月11日(記:マハー満枝) 「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢 […]
御言葉メール748
御言葉メール748 2014年9月27日(記:辻嵐桂子) 「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名 […]
御言葉メール746
御言葉メール746 2014年9月13日(記:マハー満枝) 「…主がどれほど偉大なことをあなたがた […]
御言葉メール745
御言葉メール745 2014年9月6日(記:辻嵐桂子) 「あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せ […]
御言葉メール744
御言葉メール744 2014年8月30日(記:斎藤文子) 「さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常 […]
御言葉メール743
御言葉メール743 2014年8月23日(記:マハー満枝) 「主に向かって私は歌おう。」(旧約・出エジプト15 […]
御言葉メール742
御言葉メール742 2014年8月16日(記:辻嵐桂子) 「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。」(伝道 […]
御言葉メール741
御言葉メール741 2014年8月9日(記:斎藤文子) 「あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによっ […]
御言葉メール740
御言葉メール740 2014年8月2日(記:マハー満枝) 「恐れてはいけない。しっかり立って、きょう、あなたが […]