金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール747

投稿日:

御言葉メール747

2014年9月20日(記;斎藤文子)

「心の貧しい者は幸いです。・・悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイ5の3~4)

イエス様は「放蕩息子」という有名なたとえ話しをされました。父から財産の自分の分け前をもらい、放蕩三昧のあげく父の元に帰ってきた弟息子。

息子の帰りを待ちわびていた父の喜びは大変なもので、祝宴を開きます。そこに父に仕えてきた兄息子が、畑から帰ります。兄は自分が働き続けても、宴会ひとつしてくれない父が、放蕩三昧の弟が帰ってきたら祝宴までしてやる事に腹をたてます。この父は明らかに神であり、弟はイエスのもとに来ている取税人、罪人。兄は彼等に眉をひそめたパリサイ人、律法学者。

私はイエス様を信じた時に、弟息子の様にようやく神のもとに帰ったのだと思いました。しかし信仰生活の中で、神と共に在る事の幸いをどれだけ味わい喜んできただろうか。いつも父の側に居ながら、その恵みに気付かず不平不満に陥る兄息子の様ではなかったか。神と共に居て、弟息子の様に、心貧しく悲しむ者の慰めを享受し続けてきただろうか。

悔い改める事ばかりです。自分に絶望し、この世のどこにも期待を見いだせず、自分の罪のために悲しむ事しかできない者。イエス様はそういう者こそ本当に幸いな人だと言われた。なぜならその人は、弟息子が父に帰った様に神に帰るからです。その時、私達は更に神の愛を教えられていく者とされるでしょう。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.