御言葉メール 28

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 28
2004年11月6日
「このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。」(ローマ書6章11節)
私はキリストを信じた時、自動的に、心から変えられて、喜びや平安、感謝の思いが与えられたり、罪を悔い改めたりする事ができるだろうと期待しました。
ところが現実は違いました。依然として悩みがあり不満があり、信仰を持つ前と何も変わっていない様にみえました。この頃、自分の理想とする自分になる事が神様の恵みだと思っていたのです。しかしこれは、神を信じる事ではなく、自分の願いに神を従わせる事だったのです。上記のみことばは、信仰者が何をどの様に理解すべきかを教えます。
自分を中心とする罪に対しては、すでに死んだ者であると思い、更に、自分がどんなにみじめだと思える状態であっても、罪から解放されキリストと一体とされて義人として生かされている、と思い続ける事だというのです。たとえ自分の感情では、その様に思えなかったとしても、その様に思いなさい、というのです。
自分中心の感情や思いを野放しにするべきではなく、むしろ、みことばを自分に教え、自分をみことばに従わせる事が信仰生活です。「思いなさい」というのは、認識し判断しなさい、という、非常に意思的な活動です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 28関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]