金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 42

投稿日:

御言葉メール 42
2004年12月25日
「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」(ルカ2章9節)
イエス様がお生まれになったのは、人間が国家(社会)に役立つ限りで評価され、役に立たない者は、一人の人間として数にも入れられないローマ帝国(ローマの平和と言われた)時代でした。その時代にイエス様は、家畜小屋の中で産声を上げ、飼い葉桶を揺りかごとしたのです。
一方このすばらしい喜びを最初に知らされた羊飼いは、野宿の為神殿儀式などに参加できず、礼拝する場所から追い出され、裁判の時の証言も許されなかった人たちでした。彼らは、羊と共に野に捨て置かれていた疎外された者だったのです。
しかし天使は「あなたがたのため」だと繰り返して言いました。御使いが知らせてくれた「喜び」は、私に新しい家も暖かい服も富も名誉も与えてくれませんでした。また、私に人をひきつけるような才能と容姿、そして知識も与えてはくださいませんでした。
神は、私に仕える家来も召使も与えて下さいませんでした。しかし主は、その羊が一匹でも迷えば探し出し、連れ戻して「一緒に喜んでください」と言われる最高の助け主を与えてくださいました。
何よりも神は、私にその一人子イエスを下さるほどに、神の愛を与えて下さいました。これこそみじめな私達に与えられたクリスマスプレゼントです。(H.S)

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.