御言葉メール 42

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 42
2004年12月25日
「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」(ルカ2章9節)
イエス様がお生まれになったのは、人間が国家(社会)に役立つ限りで評価され、役に立たない者は、一人の人間として数にも入れられないローマ帝国(ローマの平和と言われた)時代でした。その時代にイエス様は、家畜小屋の中で産声を上げ、飼い葉桶を揺りかごとしたのです。
一方このすばらしい喜びを最初に知らされた羊飼いは、野宿の為神殿儀式などに参加できず、礼拝する場所から追い出され、裁判の時の証言も許されなかった人たちでした。彼らは、羊と共に野に捨て置かれていた疎外された者だったのです。
しかし天使は「あなたがたのため」だと繰り返して言いました。御使いが知らせてくれた「喜び」は、私に新しい家も暖かい服も富も名誉も与えてくれませんでした。また、私に人をひきつけるような才能と容姿、そして知識も与えてはくださいませんでした。
神は、私に仕える家来も召使も与えて下さいませんでした。しかし主は、その羊が一匹でも迷えば探し出し、連れ戻して「一緒に喜んでください」と言われる最高の助け主を与えてくださいました。
何よりも神は、私にその一人子イエスを下さるほどに、神の愛を与えて下さいました。これこそみじめな私達に与えられたクリスマスプレゼントです。(H.S)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 42関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]
御言葉メール 40
御言葉メール 40 2004年12月18日分 「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの […]