御言葉メール 41

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 41
2004年12月22日
「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。」(ピリピ2の6)
クリスマスおめでとうございます。「いのちのことば」という小冊子に、向谷地生良さん(精神障害者の共同体作業所「べてるの家」、病院のソーシャルワーカー)のエッセイで、テイリッヒ(アメリカの哲学者、神学者)の一文がありました。
「人を愛するという営みは、困難に陥っている人を引き上げる業としてあるのではなく、その中に降りていく業として現されなければならない」それは、まさにイエスが馬小屋の中で生まれ、人々の罪と弱さとみじめさのただ中に生きた姿の中にある、という内容でした。
降りていく業ーこれは私自身の心にズッシリと重くのしかかる言葉でした。どんな人でも、今、立っている場所よりみじめな状態に落ちたくありませんし、今より卑しめられようとは思いません。問題のある所に自分を置きたいとも思わないでしょう。
今よりもっと安全で確実で希望のあるところを目指します。しかし覚えてください。キリストはそうではなかったのです。神である方が、卑しい人間のしかも最も低い姿に降りられたのです。
私達はキリストの卑しさを本当に尊んでいるでしょうか。クリスマスが低くされたキリストを喜ぶ礼拝となりますように。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 41関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 40
御言葉メール 40 2004年12月18日分 「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの […]