金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 37

投稿日:

御言葉メール 37
2004年12月8日
「ゼブルンの地とナフタリの地、湖に向かう道、ヨルダンの向こう岸、異邦人のガリラヤ。暗やみの中にすわっていた民は偉大な光を見、死の地と死の陰にすわっていた人々に、光が上った。」(マタイ4章15,16節)
クリスマスという言葉を聞いて思い浮かぶ事は、喜び、楽しみ、感謝等であり、苦しみ、悩み、孤独を連想する人はいないでしょう。私は最近、クリスマスのことを考える時に必ず思い出すみことばが、冒頭のみことばです。
ユダヤ人からは、異邦人のガリラヤ地方(アッシリアの北イスラエル征服後、イスラエルとアッシリアの混血人種が多く、偶像崇拝も行われる)は、最も神の恵みから遠いと考えられ、軽蔑されていました。
しかしそこに、待ち望んでいたメシア(イエスキリスト)が来られたのです。自他共に認める絶望の状態から抜け出せないでいる、その只中に、救い主は来られたのです。それは、神を信じようともせず期待もしない暗黒を、照らす光でした。
この光こそ、また私達の心を照らす光です。クリスマスが恵みに満ちているのは、罪の闇を知る絶望の状態を、イエスキリストが引き受けて下さったからです。
私達がどんなに嘆き、孤独やみじめさの中にあっても、まさにそこで、キリストの救いの光を見るのです。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.