御言葉メール 35

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 35
2004年12月1日
「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。―主の御告げ。―れはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」 エレミヤ29章11節
クリスマスを待ち望むアドベント(待降節)の季節になりました。旧約聖書に預言されたメシア(救い主)であるイエスキリストが、この世に来られる時、旧約聖書を信じているユダヤ民族は、ローマの支配の中にありました。
ローマに税を納め、その生活は貧しいものでした。そういう状況の中で、メシア待望の信仰は、ローマから解放し苦しい生活から民族を救ってくれる者としての期待が高まっていました。
しかしキリストは人々の生活を豊かにするために、また政治を立て直すために、この世にこられたのではありません。むしろ貧しさの中で、また圧政の耐えられないと思われる状況の中でも、生きることのできる平安こそ、
罪が赦された結果としてメシアが与えられたものでした。この世のどんな偉大な国家も富も過ぎ去っていきますが、キリストによって与えられた平安は、神の支配される国を見、永遠の生命を待ち望ませるのです。
一人一人様々な状況の中で迎えるクリスマスが、その現実の最中に、キリストの平安と永遠の生命の希望に満たされますように。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 35関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]