金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 49

投稿日:

御言葉メール 49
2005年1月19日
「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」(第2コリント4章16節)
テレビのドキュメントで、「痴呆を生きる夫婦」という番組がありました。確か50代頃にアルツハイマーを宣告された、クリスチーヌ(妻)と夫(クリスチャン夫婦)の生活を追った番組です。
痴呆を「告知されてから本当に悪くなり、わからなくなるまでの長い旅路」と位置ずけるクリスチーヌは、日々その痴呆を抱えて生きていく事の耐えられない不安と落ち込み、自分が自分でなくなるのではないかという恐怖に、押しつぶされそうになりながらも、夫の協力と励ましで日々の生活が支えられていきます。
そういう中でクリスチーヌは、自分が何もできなくなったり、自分が誰であるかわからなくなったりする、外側のものが衰えていく時、それは自分が壊れて自分が自分でなくなる事ではなく、自分の本質(神を信じる内なる人)がより明らかになる事だと信じれる、と告白します。
私はこのような告白を導かれた神をほめたたえないではおれません。神の事も自分の事も全て忘れていく、記憶という外側の部分が全く欠落しても、むしろその時その人の目に見えない本質が明らかにされるーこれは病気や弱さを抱えて生きる私達にとっても本当に大きな慰めです。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.