金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 9

投稿日:

御言葉メール 9
2004年9月1日
「また、荒野では、あなたがたがこの所に来るまでの、全道中、人がその子を抱くように、あなたの神、主が、あなたが抱かれたのを見ていたのだ。このようなことによってもまだ、あなたがたはあなたがたの神、主を信じていない。」(申命記1の31,32)
 本当に人は、こんなにも神を信じれないものでしょうか。旧約聖書を読み始めた頃、イスラエル人の愚かさには、あきれてしまいました。こんなにもすごい神の業を見て喜びながら、すぐ神の云われた事に従わなくなる、偶像崇拝、つぶやき。リーダーとしてたたされたモーセに同情しながら読んだものでした。
しかし人の心を照らし出される神は、私自身の心がどういうものであるかを明らかにされました。キリストの罪からの、あがないの業を信じ、このお方にお任せすれば大丈夫、と告白しながらも、目の前に困った事が起こると、すぐに神さまに祈り頼ることをしないで、自分で勝手に思い煩い、不安になり、あげくの果てに「何故、神はこんな事を私に」と腹を立てる。まさにイスラエルの姿は、私の神に対する心そのものでした。
しかしそれにもかかわらず神は私を見捨てられるようなことはありませんでした。それどころか私自身の思いや行いに従って裁くことをされないで、キリストのゆえに恵と慈しみで、私を取り扱ってくださったのです。これが、神に逆らうイスラエルや私たちに対する神の姿勢です。どんな状態の私たちをも救う神の愛です。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.