御言葉メール 24

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 24
2004年10月23日
するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」するとすぐに、その子の父は叫んで言った。「信じます。不信仰な私をお助けください。」(マルコ9章23,24節)
私はイエス様を信じてからも、「本当に自分には信仰があるのだろうか」、「私のような不信仰な者はいないのではないだろうか」という思いが、何かある度にわいてきました。
だからといって、イエスキリストの贖いを中心とする教理に疑問があるわけでもなく、キリストが歴史に存在された神であることも、客観的事実として信じているのです。信じていても、そういう思いがわいてくるのは、一体どういう事なんだろうかーこういう思いを持っていた時、上記の父親がキリストに応答する言葉に、強く教えられたのです。
「信じます」と「不信仰な私をお助けください」という言葉は、一見、矛盾している様ではありますが、罪を赦されていても、依然として罪を持つ者として生きている私にとって、真実な信仰の告白として理解できました。信仰は一方的に神から与えられた賜物です。
自分の努力で得たものではないので、その中に生きたいと願いながらも自分の力ではできないーこの思いは、信じたいけど信じれない、でも信じます、という告白へと私を導きました。満足や納得を求めたくなる現実生活の中で、そうではない信仰のあり方を、このみことばは教えてくれたのです。 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 24関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]