御言葉メール 22

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 22
2004年10月16日分
「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に十分あります。」(マタイ6の34)
体の疲れを引きずる、また昨日の心配事が尾を引いて気持ちが憂鬱になるー私達は今日という日を迎えても、昨日の疲れや心配から解放されず、昨日の延長のような日をおくることがしばしばあります。そうすると新しい一日の始まりのはずが、昨日から持ち越した心配の続きの一日になってしまいます。
私自身も多く経験する事ですが、自分の思いに区切りをつける事ができません。しかし私たち人間の不安と孤独をよくご存知の神様は、ちゃんと区切りをつけて下さるのです。一日の疲れ、重荷はその日一日だけのものだよ、と。「あすのことはあすが心配します」というのは、明日に関することは、私達の力なしで、神様が十分に備えてくださる、という事です。
疲れ、つらさ、困難、悲しみ、怒り、病等のなかに埋もれるような一日であっても、天の父なる神は、それらが私達の力ではどうにもならない事をご存知です。ですから私達は、労苦の全てを通して神様に叫び求めて一日が終わるなら、明日のことは神様におまかせしましょう。
神様に信頼し助けを求めることを、神様は一番お喜びになります。一日の終わりに、今日、出会った人たちや出来事を思い返しながら、感謝、願い、罪の悔い改め、とりなしの祈りを通して一日が終わるなら今日の労苦はそれで終わりなのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 22関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]