御言葉メール 31

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 31
2004年11月17日
「もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方があります。それは、義なるイエス・キリストです。」(第1ヨハネ2の1)
私達は、いつも助けを必要としながら、生きているのではないでしょうか。しかしその心に向き合う前に、気を紛らわす多くの物に囲まれて、その気持ちは意識的にも無意識的にも、ごまかされていくことが多いです。
自分が、今何を必要としているかを知るために、時間がかかるかもしれません。しかし上記のみことばを知っている私たちは、自分に助けが必要な事を、率直に認める根拠を持っています。
私たちが失敗した時、冷たい愛の無い自分の心を見た時、自分の心があるいは他者が「あなたはそれでもクリスチャンか」と責めても、私たちには助けがあります。「もしだれかが罪を犯したなら・・・・弁護してくださる方があります。」
これは、私たちや社会とは全く逆の考えです。人は罪を犯し、他人を傷つける時、その人を責め裁きます。しかし私たちの信じる神様は違います。自分の罪と弱さに悩み、失敗に傷つく時、キリストは裁くのではなく弁護してくださるのです。
なぜならキリストが私達の罪の裁きを、代わりに負って下さったからです。自分は赦しと助けが必要だと認める人は幸いです。その人はそのままで赦され助けられるのですから。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 31関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]