御言葉メール 30

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 30
2004年11月13日
「干からびた骨よ。主のことばを聞け。神である主はこれらの骨にこう仰せられる。見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。」(エゼキエル37の4,5)
私は最近、聖書のことばは、絶望し嘆き、自分の罪に苦しむ者に対して、何と慰めに満ち希望を与える言葉だろうかと、つくずく感謝の思いで一杯になります。上記のみことばは「枯れた骨の谷の幻」で、エゼキエルが神様によって示された幻の一つです。
当時、アッシリアとバビロン捕囚によって、異邦人の中に散らされたイスラエルの民は、あたかも干からびた骨のように、民族としての自分達の将来に何の希望も持てない状態に置かれていました。
ところが主は干からびた骨が、みるみる生き返って、大群衆になる幻を示されたのです。これはイスラエル民族の復興を意味していました。それは歴史の中で、その通りになったのです。
民族復興を信じず、望みを失った死んだ状態のイスラエルを生き返らされるのは、全能の神である主です。干からびた骨のように、私達も疲れて神に期待する事をしないまま生活に追われていたり、
祈りの言葉より自分の思いや人の言葉だけが心を占める時、私達を生かそうとしておられる神のことばに立ち返りましょう。「おまえたちは生き返る」と語られる神が、そこにおられます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 30関連ページ

御言葉メール 50
御言葉メール 50 2005年1月22日 「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。」(マタ […]
御言葉メール 49
御言葉メール 49 2005年1月19日 「私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる […]
御言葉メール 48
御言葉メール 48 2005年1月15日 「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、 […]
御言葉メール 47
御言葉メール 47 2005年1月12日 「自分の心にたよる者は愚かなもの、知恵をもって歩む者は救われる。」( […]
御言葉メール 46
御言葉メール 46 2005年1月8日 「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、 […]
御言葉メール 45
御言葉メール 45 2005年1月5日 「この水を飲むものはだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を […]
御言葉メール 44
御言葉メール 44 2005年1月1日 「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」(マタイ6章9 […]
御言葉メール 43
御言葉メール 43 2004年12月29日 「ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への讃美を。イスラ […]
御言葉メール 42
御言葉メール 42 2004年12月25日 「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。」 […]
御言葉メール 41
御言葉メール 41 2004年12月22日 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることが […]