金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 60

投稿日:

御言葉メール 60
2005年2月26日
「神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。」(ヨハネ第1の手紙5章3節)
ある宣教師の先生のメッセージで「あなた方は、愛する天のお父様、と祈るが本当に神を愛していますか?」という始まりで、鋭く神を愛しているか問われた事があります。
その時、イエス様を愛することが感情より先に、先ず何よりもキリストの言葉を信じる事から始まらなければならない事を教えられました。それまで私は、愛することは非常に感情的、情緒的なことだと思っていたので、見てもいないキリストを愛することは、自分にはとてもできないと思っていたのです。
信じることと愛することを別々に考えていました。しかしそうではなかった、これは私には驚くべき発見でした。(自分が無知だっただけなのですが)神の言葉を先ず、そのままに信頼する事ーこれが神を愛する事であり、そこから感情も行いもついてくるのです。
ヨハネは、神を愛するとは神の命令を守る事だと言います。神の言葉を信頼する時、義務や形だけで行う事に葛藤や戦いが生まれるでしょう。心から神に従いたいと願うからです。
そのように自発的に神に従いたいと思う時、神の言葉は私達を疲れさせる重荷とは決してなりません。反対に私達の心を安心と期待に導き、神と人を愛する事を教えてくれるのです。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.