御言葉メール 56

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 56
2005年2月12日
「パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。−神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようでないことを、感謝します。−ところが、取税人は、遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず・・・言った。ー神様。こんな罪人の私をあわれんでくださいー」
(ルカ18の11ー13)
ともすると祈りの課題を祈るだけで、やれやれ終わったと、満足してしまう生活の中で、取税人の祈りはわたしの心を探リます。ところでパリサイ人も、人との比較はあるものの、感謝の祈りを捧げます。でも、義しいとされたのは取税人でパリサイ人ではなかったーこの違いはどこにあるのでしょうか。
祈りは神様との交わりです。この交わりが成立するためには、人間の罪を赦すキリストの贖いがあればこそです。祈る事ができるのは、まさに罪の赦しの結果です。そのキリスト者の感謝は、
何かができた事より先ず、「自分の罪を赦して下さい」、「罪赦されて感謝します」という神がなしてくださった事を崇めるものになるでしょう。この点においてパリサイ人は、祈りの形をとりながら自分の行いを誇りました。
私たちも自分の罪が赦されたことを意識しないで祈るなら、神の業を崇める事はできません。私達の祈りが神の業を常に崇めるものとなります様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 56関連ページ

御言葉メール100
御言葉メール100 2005年7月16日 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、 […]
御言葉メール 99
御言葉メール 99 2005年7月13日 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあ […]
御言葉メール 98
御言葉メール 98 2005年7月9日 「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によっ […]
御言葉メール 97
御言葉メール 97 2005年7月6日 「それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の […]
御言葉メール 96
御言葉メール 96 2005年7月2日 「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む」ミカ7章7節 親が小 […]
御言葉メール 95
御言葉メール 95 2005年6月29日 「彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟と […]
御言葉メール 93
御言葉メール 93 2005年6月22日 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ […]
御言葉メール 92
御言葉メール 92 2005年6月18日 「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。 […]
御言葉メール 91
御言葉メール 91 2005年6月15日 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。 […]
御言葉メール 90
御言葉メール 90 2005年6月11日 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を […]