金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 55

投稿日:

御言葉メール 55
2005年2月9日
「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(第1ペテロ4章10節)
イスラエルの最初の王サウルは、ある意味で非常に現代的な人のように思われます。王という立場を守るために、神のことばに従うより、人が自分から離れていくのを恐れ、人のことばに追従します。勿論、神様を信じていないというわけではありません。
しかしサウル王は絶対者の言葉に立てず、その結果その時々の状況に流されて生きる、いわば相対的価値観をもつ現代人のようです。サウルが王としての地位と力を自分で守ろうとしたのは、その立場が神から与えられたという信仰に立てないためでした。
その結果は、いつも自分で自分を守るために、あらゆる策略のとりことなっていくのです。これは私たちも同じです。今の立場、賜物は神から与えられていると知り、信仰をもって受け入れていく時にのみ、人を恐れることなく、また羨む事無く、自分に与えられた働きを自覚できるようになるでしょう。
私たちはただ、神様から全てのものを委ねられているにすぎません。この恵みに気がつく時、与えられた立場、賜物を自分の守りのために使うのではなく、他者を生かすために使うように変えられていくことでしょう。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.