金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 54

投稿日:

御言葉メール 54
2005年2月5日
「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。」(創世1章27節)
先日、私は神学校のチャペルで語られた足立師の言葉を通して、一言では言い表す事のできない、冒頭のおことばの重さと神の愛の深さを思わされました。
私たちの一生は、実に様々な形を持ちます。みな決まった形を持ちません。生まれた時から違っていたり、生まれた境遇は似通っているように見えてもその人生の形は違います。そして悲しいかな、人はその違いの故に、争い、敵意を抱き、敵対します。
また時にはその形の違いの故に見下し、或いは自分を卑下し、羨みます。人が、たとえイエスを信じ救われたとしても、神のお言葉に仕え、伝道者としての生涯を送っていたとしても、晩年、「これでも神の像なのか」と涙するような形でその一生を終わらなければならない場合があります。
人は、必ず老いを迎えますし、また様々な身体的、精神的障害を負う場合があります。また私たちは、「これでも人間か」と唸らせる様な残虐性を見る事があります。それでも人は、神のかたちに創造され、その御子を犠牲にしてまで救おうとされる神の愛の対象なのです。
ですから私たちの幸いは、私たちの一生がどのような形を持とうとこの神に知られており、愛されているという事だけです。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.