御言葉メール 53

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 53
2005年2月2日
「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイ伝5章4節)
私達は、自分の思う様にならない様々な事柄を経験していきます。その時、いろいろな反応を示すでしょう。
怒る、悲しむ、あきらめる等。神を信じるクリスチャンは、いずれにしても、通る過程は違っても最終的に神に頼り祈るように導かれます。けれども神様を求めるという点において、私の貧しい経験の中では、怒り誇り高ぶる時よりも悲しみ嘆く時の方が、追いやられてではあるけれども、必死になって主にすがってきました。
それは具体的には、聖書を読み、神様の前に自分の思いのままを、言葉と言葉にならない呻きによって、さらけだす事でした。その様に必死に主にすがりつく時、これは確信をもって言える事ですが、私は決して失望することはありませんでした。
しかし、自分が怒り高ぶっている時、神を求めようという気持ちは起きません。その時は自分のうちの何かを誇り、よりどころとしているのです。本質的に人間は悲しむ事を望みません。しかしイエス様は、自分の罪、他者の罪、社会悪に悲しむ人は幸いだと言われます。
自分の欲望を満たす現代に生きるキリスト者のあかしとして、罪に悲しむ者でありたいと願わされます。それは幸いなことであり、必ず神様の慰めを受けるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 53関連ページ

御言葉メール100
御言葉メール100 2005年7月16日 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、 […]
御言葉メール 99
御言葉メール 99 2005年7月13日 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあ […]
御言葉メール 98
御言葉メール 98 2005年7月9日 「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によっ […]
御言葉メール 97
御言葉メール 97 2005年7月6日 「それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の […]
御言葉メール 96
御言葉メール 96 2005年7月2日 「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む」ミカ7章7節 親が小 […]
御言葉メール 95
御言葉メール 95 2005年6月29日 「彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟と […]
御言葉メール 93
御言葉メール 93 2005年6月22日 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ […]
御言葉メール 92
御言葉メール 92 2005年6月18日 「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。 […]
御言葉メール 91
御言葉メール 91 2005年6月15日 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。 […]
御言葉メール 90
御言葉メール 90 2005年6月11日 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を […]