金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 77

投稿日:

御言葉メール 77
2005年4月27日
「すべては神のみわざであることがわかった。」(伝道者の書8の17)
数年前に、一人の癌患者のあかしを読みました。「私は癌を患って死のうとしています。しかし私は癌という病気で死ぬのではありません。
人は神様が召された時に、神様の方法で死ぬのです。私の場合は神様の召される方法が癌であり、その癌で死ぬ時が天に召される時なのです。」このあかしは、病死であろうと事故死であろうと、災害によるものであろうと、どのような死に方であっても、
それは神様がその人を召される方法であり、時なのだという事を私に強く教えてくれました。私たちは自分や周りの、死に至る病や突然の死に苦しみ嘆きます。自分や家族がなぜこんな病気になったのだろう、又、あの電車に乗ってさえいなければ、
あの場所にさえ行かなければ・・・・こんな事にはならなかったのではないか、死という現実を前に、悔やんでも悔やみ切れない思いがわいてくる時、私達は自分の力で何とかなったはずだ、という思いの中で生きている事に気ずかなくてはなりません。
人生の終わりの死を頂点とする、人間のすべての営みは、私達を愛して最善を成される神の御手の業であり、私達の思いや力が人生を決定しているのではないのです。苦痛と絶望以外の何も見えない時にも、人生の与え主はあなたと共におられます。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.