御言葉メール 75

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 75
2005年4月20日
「もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。」(ローマ14の8)
ある方が、自転車で仕事に行く途中、とても疲れを覚えたので、「神様、とても疲れました、
少し休ませて下さい」と祈ったら赤信号になり、少し身体を休ませる事ができ、またペダルを軽くこぐ事ができて神様に感謝した、と証しして下さいました。「主のために」という姿勢は、日常生活のあらゆる事柄を感謝して行う行為として現れます。
そこには、どんな小さな事にも苦しい事にも意味があることを私達に教えてくれるでしょう。主との結びつきの中で、あらゆる事に意味を見出すなら、自分の主人は自分ではなく神である事、そして私達は主のものであるという事が大きな慰めになっていきます。
「生きている時も、死ぬ時も、あなたのただ一つの慰めは、何ですか。」これはハイデルベルク信仰問答、と呼ばれる信仰を教えるために書かれた、問答形式テキストです。その最初の「問い」が上記です。
その答えは、「私が、身も魂も、生きている時も、死ぬ時も、わたしのものではなく、わたしの真実なる救い主イエス・キリストのものであることであります。〜」どうか私達が主のものである事が、ただ一つの慰めとなります様に。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 75関連ページ

御言葉メール100
御言葉メール100 2005年7月16日 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、 […]
御言葉メール 99
御言葉メール 99 2005年7月13日 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあ […]
御言葉メール 98
御言葉メール 98 2005年7月9日 「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によっ […]
御言葉メール 97
御言葉メール 97 2005年7月6日 「それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の […]
御言葉メール 96
御言葉メール 96 2005年7月2日 「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む」ミカ7章7節 親が小 […]
御言葉メール 95
御言葉メール 95 2005年6月29日 「彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟と […]
御言葉メール 93
御言葉メール 93 2005年6月22日 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ […]
御言葉メール 92
御言葉メール 92 2005年6月18日 「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。 […]
御言葉メール 91
御言葉メール 91 2005年6月15日 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。 […]
御言葉メール 90
御言葉メール 90 2005年6月11日 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を […]