御言葉メール 71

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 71
2005年4月6日
ひとりが材木を倒しているとき、斧の頭を水の中に落としてしまった。彼は叫んで言った。「ああ、わが主。あれは借り物です。」(2列王記6の5)
悪意は無くても、取り返しのつかないことをしてしまった、という経験を私達はしてしまいます。
自動車事故、仕事での失敗、子育て・・・疲れ、ちょっとした不注意、慣れなどが思いがけない事態を生み出す時、私達はどうしてよいかわからないパニック状態に陥ります。預言者エリシャの仲間の一人が、材木を切り出す作業中に斧を水の中に落とした時、彼はエリシャに叫びます。
「ああ、わが主。あれは借り物です。」当時、貴重品である鉄の斧は、簡単に弁償できる物ではなかったのです。この預言者の言葉には、神の人エリシャに叫びながらも、すでに起きてしまった事に対して、もうダメだという思いや自分への責めが感じられます。
しかし神の人エリシャに叫んだ事は幸いでした。エリシャは一本の枝を投げ込み、鉄の斧の頭を浮かび上がらせるという、神の奇跡の業で預言者を助けたのです。不注意による失敗のため自分と、特に他者に対して取り返しがつかない事になっても、神はあなたと相手を助け出す事ができるのです。
「しまった、何て事をしたんだろう」と思った時に、神はもうすでにあなたを助け出す用意をしておられるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 71関連ページ

御言葉メール100
御言葉メール100 2005年7月16日 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、 […]
御言葉メール 99
御言葉メール 99 2005年7月13日 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあ […]
御言葉メール 98
御言葉メール 98 2005年7月9日 「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によっ […]
御言葉メール 97
御言葉メール 97 2005年7月6日 「それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の […]
御言葉メール 96
御言葉メール 96 2005年7月2日 「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む」ミカ7章7節 親が小 […]
御言葉メール 95
御言葉メール 95 2005年6月29日 「彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟と […]
御言葉メール 93
御言葉メール 93 2005年6月22日 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ […]
御言葉メール 92
御言葉メール 92 2005年6月18日 「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。 […]
御言葉メール 91
御言葉メール 91 2005年6月15日 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。 […]
御言葉メール 90
御言葉メール 90 2005年6月11日 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を […]