金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 71

投稿日:

御言葉メール 71
2005年4月6日
ひとりが材木を倒しているとき、斧の頭を水の中に落としてしまった。彼は叫んで言った。「ああ、わが主。あれは借り物です。」(2列王記6の5)
悪意は無くても、取り返しのつかないことをしてしまった、という経験を私達はしてしまいます。
自動車事故、仕事での失敗、子育て・・・疲れ、ちょっとした不注意、慣れなどが思いがけない事態を生み出す時、私達はどうしてよいかわからないパニック状態に陥ります。預言者エリシャの仲間の一人が、材木を切り出す作業中に斧を水の中に落とした時、彼はエリシャに叫びます。
「ああ、わが主。あれは借り物です。」当時、貴重品である鉄の斧は、簡単に弁償できる物ではなかったのです。この預言者の言葉には、神の人エリシャに叫びながらも、すでに起きてしまった事に対して、もうダメだという思いや自分への責めが感じられます。
しかし神の人エリシャに叫んだ事は幸いでした。エリシャは一本の枝を投げ込み、鉄の斧の頭を浮かび上がらせるという、神の奇跡の業で預言者を助けたのです。不注意による失敗のため自分と、特に他者に対して取り返しがつかない事になっても、神はあなたと相手を助け出す事ができるのです。
「しまった、何て事をしたんだろう」と思った時に、神はもうすでにあなたを助け出す用意をしておられるのです。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.