金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 85

投稿日:

御言葉メール 85
2005年5月25
「遣わされなくては、どうして宣べ伝える
ことができるでしょう。」(ローマ10章15節前半)
私には、いつも恐れと戸惑いがあります。それは、説教についてです。いつも準備不足を感じているからです。
神様から遣わされているのに、いつも説教の準備が後回しになってしまいます。そして、説教の準備が、不十分であることの言い訳をしています。礼拝の土壇場になりますと決まって、祈る祈りがあります。
それは、「主よ、今回はお許し下さい。これからはちゃんと準備しますから。ですから、私の説教で今日、神様の御旨をこの会衆から隠さないで下さい。その責任は私にあるのですから。今日は、この時はイエス様の贖いに免じて、憐れんで下さい。」と祈っています。
何故、今回このようなことを言うのかというならば、説教とは、主によって遣わされる、という事から始まっていることを改めて教えられたからです。何度もの同じ祈り、何の効果もないように思える結果があるからです。
しかし、説教とは神に遣わされているので、この恐れがなくなることはない、これで十分という思いは決してないことを「説教とは何か」という、ロイドジョーンズの講演に同感したからです。
そして彼は、説教は説教者と会衆とが、相対峙しているのではなく、双方(語り手と聞き手)が一体となった時、説教がよき説教となるというのです。そしてこの時、礼拝が成立するのですね。決して互いが、敵対しているのでも孤独なのでもないと知らされました。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.