金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 86

投稿日:

御言葉メール 86
2005年5月28日
「同じように、妻たちよ。
自分の夫に服従しなさい。たとい、みことばに従わない夫であっても、妻の無言のふるまいによって、神のものとされるようになるためです。それは、あなたがたの、神を恐れかしこむ清い生き方を彼らが見るからです。」(Ⅰペテロ3章1〜2節)
新約の使徒たちを見ても、あまり奥さんとの関係がどうであったかが証しされていません。思い出す限りではペテロが妻をいつも同伴していたことを知るだけです(Ⅰコリント9章5節)。そしてアクラとプリスキラというパウロの伝道協力者夫婦です。
悪い夫婦の関係としてアナニヤとサッピラの事件が思い出されます。私たち夫婦にとってこれだけ長い間(まだ5日間しか経っていません)、妻が家を空けるということはありませんでした。
考えて見ますと、確かに妻の態度や振る舞いにどれだけ依存していた(影響を受けていた)かを改めて、思わされています。ある意味で、夫婦であるということは、私の心を神様に向けさせる動機になっているようにさえ思えます。
ですから、私にとって冒頭の聖書の言葉は、まさにその通りなのです。多くの家庭でも夫などというものは、どんなに偉そうに振舞っていても、妻の喜んだり、怒ったり、悲しんだりする事と、妻の信仰姿勢が、夫の方向性を決定するように思われます。長い年月が経てば経つほどそうです。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.