金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 82

投稿日:

御言葉メール 82
2005年5月14日
「二つのことをあなたにお願いします。私が死なないうちに、それをかなえてください。不真実と偽りとを私から遠ざけてください。貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ。」と言わないために。また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。」(箴言30の7−9)
私達は、どれほどこれは正しい、絶対だと確信していたとしても、その正しさの中を歩んだり、善だとわかっていてもそれを行うことは、とても難しいものです。冒頭の祈りをする作者は、その前に神の偉大さ、超越性を教えられ、いかに自分が無知で無力であるか教えられます。
そして神のことばのみが、信頼できることを確信していくのです。しかしどんなに、みことばに対する確信があっても、自分の弱さ、罪性を知る作者は、それで終わることをしません。「主とは誰だ」という事がないように、私を守ってください、と祈るのです。
神の絶対性を知るという事と、その中に生きる事の間では、神に徹底して逆らう人間性を自覚しないではおれないからです。その様にして私たちは神によって与えられた確信を、神様ご自身が守って下さることを知るのです。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.