御言葉メール 96

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 96
2005年7月2日
「しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む」ミカ7章7節
親が小さい子どもに、「自分は自分、他人(人)は他人でしょ」と教える言葉を、ほほえましく聞きながら、それにしてもこの事は何と難しいことだろうと思います。
私たち人間は本来、一人一人が神を見上げて生きるものでした。自分は自分、他人は他人などと言わなくても神を見上げることで、他人がどうであろうと関係なく、自分の存在意義ははっきりしていました。ところが罪が入ってから、人間は神を見上げることをしないで、人間同士で見つめあう者になってしまったのです。
神を見上げないでお互いを見つめるしかない人間は、自分に失望し他人を責めるものになってしまいました。そこにあるものは、不安、あせり、怒り、妬み、憎しみです。神を見上げないで生きる人間は、自分のよりどころを持つことができません。その結果は人間関係の崩壊でした。
それではどうしたらよいのでしょうか。私たちは神に造られたのですから神に帰らなければなりません。どのようにして。自分で自分を何とかするのではなく、神であるイエス・キリストを見上げる(知り続ける)事によってです。
その時、あなたや私のうちに、神の愛によって他人とどんなに違っていても恐れることのない自分自身が造られていることに気ずくでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール 96関連ページ

御言葉メール100
御言葉メール100 2005年7月16日 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。罪を行っている者はみな、 […]
御言葉メール 99
御言葉メール 99 2005年7月13日 「主ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあ […]
御言葉メール 98
御言葉メール 98 2005年7月9日 「いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によっ […]
御言葉メール 97
御言葉メール 97 2005年7月6日 「それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の […]
御言葉メール 95
御言葉メール 95 2005年6月29日 「彼らに聞くな。バビロンの王に仕えて生きよ。どうして、この町が廃墟と […]
御言葉メール 93
御言葉メール 93 2005年6月22日 「主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ […]
御言葉メール 92
御言葉メール 92 2005年6月18日 「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。 […]
御言葉メール 91
御言葉メール 91 2005年6月15日 「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。 […]
御言葉メール 90
御言葉メール 90 2005年6月11日 「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を […]
御言葉メール 89
御言葉メール 89 2005年6月8日 「主よ。人とは何者なのでしょう。あなたがこれを知っておられるとは。人の […]